×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

BACK MENU


エレヌの丘
兵士:
ここは通さん!


兵士:
ば・・・ばかな・・・



Mission Complete



サンクトリヒ
クラーク:
おみごとです アルベルトさん!


ヴェント司令部に発進
ブレンダ:
ゲリラの基地らしき建造物を発見したわ!
かなり大きいみたいよ

クラーク:
静かですね
工場とは違うのでしょうか・・・?

アルベルト:
降りて確かめてみるしかないな


ブレンダ:
ここが兵器工場のような気がするわ
・・・なんとなく だけど



ヴェント司令部
アルベルト:
くっ・・・開かない
どうやらIDカードが必要らしいな
しかたない いったんもどるか・・・


アルベルト(叫):
ちっ!このIDカードはここには合わない!


アルベルト(苦):
よし カードを認識したぞ! これで開くはずだ

ブレンダ:
建物の中で動力反応をキャッチしたわ!
警備機能が本格的に作動しはじめたみたい
気をつけて!!

アルベルト:
そこまでして おれの侵入を拒むということは・・・
ここが 化学兵器の製造工場か!?


ゲリラ隊長:
きさまか!
わが軍の施設を次々に破壊している 政府軍の傭兵というのは

アルベルト(苦):
この巨大なヴァンツァーは・・・

アルベルト(叫):
そうか・・・お前がゲリラのリーダーだな!

ゲリラ隊長:
だったら どうだというのだ!
この兵器工場の制御装置に手を触れさせはせん!
われわれの兵器が ヨーロッパ全土を恐怖におとしいれるまではな!

アルベルト(叫):
なんだと!
きさまらは 反政府ゲリラでは・・・・・・・

ゲリラ隊長:
政府だと?
そのような小さな物など もとより眼中にないわ!
それを きさまのような虫ケラにジャマさせるわけにはいかん!
死ねっ!!


ゲリラ隊長(叫):
うわぁぁっ!


アルベルト:
これで 終わったわけではない
装置を破壊しなければ!


アルベルト:
よし!
これで やつらに化学兵器を使われる事もなくなった!



Mission Complete



サンクトリヒ
ブレンダ(喜):
やったね!アルベルト

クラーク:
これで敵は 主要な戦力を失ったはずです
ゲリラがいなくなったわけではありませんが
ひとまず任務完了ですな

アルベルト(喜):
そうだな

ブレンダ(喜):
あっ 少佐から通信よ

ランドルフ:
アルベルト君 よくやってくれました
これで反政府軍もおとなしくなるでしょう
任務はこれで 終わりになりますが・・・
一つ 頼みがあるのです

アルベルト:
なんだ?

ランドルフ:
わが国にはヴァンツァーのエキスパートがいません
またこのようなゲリラがあらわれたときに このようなありさまでは
ふたたび 他国の方の手を借りなければならなくなります
そこで クラークをきたえて 一人前のパイロットに仕立ててほしいのですが・・・

ブレンダ:
ちょっとまってよ!
カーネルライトは士官学校とは違うのよ!

クラーク:
アルベルトさんほどではありませんが
私もヴァンツァー乗りです
お役に立つこともあるでしょう
ぜひ お願いします

アルベルト:
どうする? ブレンダ

ブレンダ:
給料は出さないわよ

クラーク:
あなた方から 学べる事は多いはず・・・
この国のためになるならそれで十分です

アルベルト(喜):
そこまで言うなら しかたない
いいだろう

ランドルフ:
ありがとうございます

ブレンダ(喜):
変な荷物が増えちゃったわね
さあ! いったんニューヨークの本部へもどりましょ
リチャードに報告しなきゃ

エミル(喜):
クラークさん
これからも いっしょにがんばりましょう



連邦政府軍本部
兵士:
ありがとうございました
あとは われわれの力で ゲリラを撃退してみせますよ


ランドルフ:
クラーク大尉はどうですか?
足手まといでしょうが じっくり 育ててやって下さい


サンクトリヒ上空
クラーク:
今後とも よろしくおねがいします

アルベルト:
君も これからしばらくは傭兵だ
おれたちの仕事を手伝ってもらうぞ

クラーク:
はい もちろんです
自分の任務は あなたから技術を学ぶ事・・・
どんどん使っていただいた方がありがたいです

ブレンダ(喜):
まったく・・・ くそまじめな人ね

ブレンダ:
じゃあ任務完了ということで ニューヨークへ行くわよ
 

BACK MENU