×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MENU NEXT


ザンボラ
ブレンダ:
ここらも最近紛争が多いらしいけど
ザンボラのエルガー首相が紛争を解決しようとして・・・
相手国タンガニーのバルミング将軍の元へ向かったまま
行方不明になったんだって

アルベルト:
そいつをさがせ という事か

ブレンダ:
副首相のキールという人が依頼してきたのよ

エミル:
大変でしょうね せっかく明るいきざしが
見えたのに これでは・・・
・・・しかし ここは暑そうですね

アルベルト:
赤道も近いしな
見ろ 下はジャングルが広がっている

ルヴェン(喜):
まあ エミルはもともと雪国の人間だからな
そりゃ つらいだろう

エミル:
でも ヴァンツァーの中は冷房完備ですけどね

ルヴェン(苦):
ちっ
補給機は エネルギーを使いたいだけ使えていいよな
おれの機体は 冷房を全開にすると 動きが悪くなるんだよ!

クラーク:
それは たんに機体が古いのでは?

ルヴェン:
・・・・・・


ザンボリの森に発進
エミル:
へえ・・・
これがジャングルってやつですか
すごいな

アルベルト:
アフリカの中でも特に このあたりは
森が多いようだな

クラーク:
これでは 首相をさがすのもひと苦労しそうですね

ブレンダ:
アルベルト
キール副首相から通信よ

キール:
アルベルト君 ごくろう
私が副首相のキールだ

アルベルト:
くわしい状況を教えてくれないか?

キール:
君たちが今 いるあたりで
わが国の首相の乗った専用機が撃墜されたのだ
乗員の死亡は確認したが 首相だけが行方不明になっている
もし 彼が生きているならさがし出して 無事救出してほしい

アルベルト:
もし死亡していたら?

キール:
その場合も・・・ 報告だけはしてくれ

ブレンダ:
墜落地点は タンガニーとの国境のすぐそばね
場合によっては タンガニーへ進入することになると思うけど大丈夫かしら?

キール:
その点については心配無用だ
タンガニーのバルミング将軍にはすべて説明してある
将軍も和平会議のメンバーだから こころよく許可してくれたよ
私からは以上だ

アルベルト:
了解

ルヴェン:
今回は人さがしか? おれが出るまでもないな

ブレンダ:
何言ってんの! “撃墜”されたのよ
だれかが和平交渉をジャマしようとしてるのよ!

アルベルト:
もしかすると そいつがソサエティなのかもしれん
とりあえず現場に行ってみよう
何か わかるかもしれない


ザンボリの森
アルベルト(苦):
これは・・・ひどい

ブレンダ:
どんな 様子なの?

アルベルト(苦):
機体は ほぼ まっぷたつだ・・・
何か 手がかりはないかさぐってみよう


アルベルト:
うむ・・やはり 死体はないようだ
首相は脱出できたのだろうか・・・
!?
なんだ?

??:
早く エルガーをさがし出し殺してしまえ!

??:
隊長!ポイントE16に何かありますぜ・・・

アルベルト(叫):
首相をねらっているやつらの通信か!
まずい!このままではやつらに 先をこされる!
ブレンダ ポイントE16へはどう行けばいいんだ?

ブレンダ:
そこからだと 敵中を突っきるのがいちばん早いわ

アルベルト(叫):
首相を殺されては まずい 危険だが 正面突破だ!


アルベルト(叫):
お前ら! 何をたくらんでいる!
首相を暗殺してどうしようというんだ!

兵士:
知るか!
おれたちは バルミング将軍の命令にしたがうまでの事よ
この任務がすめば おれたちは大金もちだぜ!

アルベルト(叫):
バルミング! タンガニーの将軍か!?
しかし 彼はエルガー首相と同じく 和平を望んでいたんじゃないのか?

兵士(叫):
ゴチャゴチャとうるせーんだよ!
くたばれっ!


兵士(叫):
うう・・・ジェノス様!
敵との戦闘のため部隊は全滅・・・
うぐっ

アルベルト(叫):
なにっ!ジェノスがきているのか!
急がないと・・・ 大変なことになる


ブレンダ:
アルベルト 首相は 見つかった?

アルベルト:
いや・・・
だが パラシュートを発見した
おそらくパラシュートで脱出できたのだろう

ブレンダ:
じゃあ とりあえず空からさがしてみましょう



Mission Complete



ザンボラ
ブレンダ:
副首相から通信よ

キール:
ごくろうだ
・・・・・・・・
そうか・・・ 彼は生きているのだな

アルベルト:
確かとは言えないが おそらく

キール:
では いち早く彼を見つけ出してくれたまえ
ゲリラなどに捕まらんうちにな
では 失礼

ブレンダ:
副首相も大変よね
これで 和平交渉がつぶれたら 後の責任を取るのは 彼だもの

アルベルト:
表情にこそ出さんがかなり必死なのは わかるな

サカタ:
本当に必死なら 自分でさがせばよいのだ
人の手など あてにせずな

ルヴェン(喜):
まあ そう言うなって
おかげで おれたちはこういう おもしろい仕事にありつける

サカタ:
まあ そうだな

サカタ(苦):
ああ わしは早く強力な武器に会いたいぞ!

ルヴェン:
おいおい かんべんしてくれよ


ブレンダ:
あら? また通信が入ってるわ
つなぐわね

バルミング:
これはこれは ごくろう
君たちだな 首相救出にやとわれた傭兵というのは

ブレンダ(叫):
バルミング将軍!

アルベルト:
何の用だ?

バルミング:
君たちは そろそろ国境をこえて
わが国 タンガニーへ入ろうとしている
それを 教えてやろうと思ってな

ブレンダ(叫):
了解は得ていると聞いたけど?

バルミング(喜):
ああ もちろん!
もっとも キール君の頼みでなかったら そんなことは許さんところだがな

アルベルト:
首相を殺そうとたくらむ一味があなたの名を 口にしていたが

バルミング(苦):
それは でたらめだ!
わしも 和平会議の成功を願う一人だということを忘れんでほしい
成功をいのっているぞ では さらばだ

ブレンダ:
・・・・・・
どういうつもりなのかしら?

アルベルト:
わからん
単なる警告とも思えないが・・・
 

MENU NEXT