×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

BACK MENU NEXT


エスポルテ上空
ガーディアン総司令:
こちら ガーディアン本部

アルベルト:
センチネルの所在がわかったのか?

ガーディアン総司令:
うむ・・・

アクセル(叫):
よし!さっそく総攻撃だ!

ガーディアン総司令:
ところが・・・
やつの航路をトレースし計算した結果 大変な事がわかった

アクセル:
え・・・なんだ?

ガーディアン総司令:
センチネルの巡航速度と高度は・・・
われわれの戦艦のそれをはるかに上回っているのだ

アルベルト(叫):
なんだって!

ブレンダ:
と いうことは
私たちの戦艦ではセンチネルに追いつくことができない・・・

ガーディアン総司令:
ざんねんだが・・・ そのとおりだ

ルヴェン:
そうか・・・ 考えてみれば 当然だな
キャリアーなんて 浮いて 移動するのがやっとだからな
それにくらべ センチネルはまがりなりにも巨大な爆撃機なわけだからな
パワーもスピードもケタ違いってわけだ・・・

エミル:
じ じゃあ せっかく本拠地がわかったのに
指をくわえているしかないと・・・?

アルベルト(苦):
なんてことだ・・・・・・・・・

ガーディアン総司令:
一つだけ方法がある・・・ しかし・・・

アルベルト:
方法!? それは いったい・・・?

ガーディアン総司令:
うむ・・・
マチュピチュにあったソサエティの兵器工場は
今 ガーディアンが制圧しているのだが
そこで ソサエティの技術を応用した新しい戦艦が開発されている
それを使えば・・・ おそらく・・・

アルベルト:
よし!その戦艦を使おう
では マチュピチュに・・・

ガーディアン総司令:
しかし・・・
戦艦は 実験的に1艦だけ 造られているにすぎない

アニタ:
単独で攻撃をしかけなければならないと・・・

ガーディアン総司令:
その通りだ
だが それはあまりにも無謀すぎる・・・
もうしばらく時間をかければ戦艦も量産できるだろう
ここは 戦艦の完成とガーディアン部隊の回復を待って・・・

アルベルト:
いや・・・
おれたちだけでも先に行こう

ガーディアン総司令:
なんだって! 君たちだけで だと!?

アルベルト:
ああ
ソサエティをたたくには
やつらの反撃体勢がととのっていない今がチャンスだ!

ガーディアン総司令:
しかし・・・危険だぞ

アルベルト:
このチャンスをのがしたら
ソサエティはおそらく次の手をうってくる
今のガーディアンでそれを 防ぎきれるか?

ガーディアン総司令:
・・・・・・
確かに 君の言うとおりだ
やむを得まい・・・ 君たちに新造戦艦をたくそう
マチュピチュにきたまえ

ブレンダ:
工場は マチュピチュのマディオス地方だったわね
じゃ さっそくそこへ向かいましょう


カーネルライト協会
リチャード(叫):
アルベルト!
よく 帰って来たな

アルベルト:
リチャード・・・
おれたちは とうとうソサエティの存在をつかんだんだ
しかも・・・本拠地が巨大爆撃機センチネルであることも突き止めた

リチャード:
そうだったのか・・・ 実は まだ上層部の人間が
お前の事を 良く思ってはいないんだ
ソサエティの存在さえ信じようとはしない
おれも 手助けしてやりたいが説得には 時間がかかりそうだな・・・

アルベルト(喜):
ありがとう・・・ 気持ちだけで十分だ

リチャード(沈):
すまんな・・・


リチャード:
まだ 話がつかんよ
まったく・・・上層部の頭の固い連中め!


大統領官邸
大統領:
・・・・・・

大統領(苦):
大変な事になったものだ
いつ 爆撃が始まってもおかしくはないが・・・
国民には このことはふせておこう
頼むぞ・・・ アルベルト君
君だけが 頼りだ!


ベルゲン国防省舎
兵士:
ソサエティの野望を打ち砕いて下さい!


連邦政府軍本部
ランドルフ:
ソサエティ・・・
われわれの知らない所でそんな恐ろしい事が行われていたとは・・・


反政府軍本部
ミハエルの父:
ヨハンセンは 民衆に倒され
われわれ市民が 反政府軍の指揮をとる事になりました
しかし われわれは戦わずに政府とわかりあいたいと思っています
・・・そのためにも勇気と正義の心を持つリーダーがほしいところです
どなたか われわれに力をかしてくれる方がいればよいのですが・・・


ARS軍本部
兵士:
どうしたのですか?
何か 大変な事でもわかったとか・・・?


サファド:
センチネルだと!
そんなやつが・・・今もわれわれの頭上を飛び回っているというのか!
・・・しかし われわれには手も足も出せん・・・
アルベルト君 またも君に頼らざるを得んようだな


タンガニー議事堂
エルガー(苦):
センチネルだと!
ソサエティの本部はそんなところに!

士官:
エルガー首相!
われわれも 早急に対策を立てねばなりませんぞ

エルガー:
だが こんな途方もない話をだれが 信じてくれるだろうか

士官:
わが国にもまだ ソサエティの息のかかった人間が
残っているに違いない
うかつに話を進めるわけにはいきません・・・

エルガー:
とにかく 今は
アルベルト君にまかせるしかないようだ
われわれも すぐに手を打つ
それまで よろしく頼んだぞ


クスコ村
グラント:
そうか!
ついにソサエティの本部を突き止めたのか!
しかし・・・はるか上空ではさすがに おれの愛機でもたどり着く事ができんか・・・
うぐぐ・・・くやしいがアルベルト・・・ここはお前にまかせるぜ!
 

BACK MENU NEXT