×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

BACK MENU NEXT


ボルクタ
ベチュア河鉄橋に発進
ブレンダ:
この場所をこえると 反政府軍の拠点があるそうよ

アルベルト:
そうか・・・ じゃあ そこで
ツェルネンコの情報を仕入れよう

ブレンダ:
それにしても・・・ あのヨハンセンって男
どうも信用できないわ

アルベルト(喜):
まあな でもこれも仕事 だろ?

ブレンダ:
そ そうだったわね・・・
あれ?

アルベルト:
どうした?

ブレンダ:
地上に味方機の反応があるわ
一機だけみたいだけど

アルベルト:
おかしいな こんなところで一機だけとは
降りて調べてくる

ブレンダ:
ちょっとちょっと・・・

ブレンダ(喜):
まったく 物好きね・・・


ブレンダ:
こんなさむい所にいると 心まで 冷えそうだわ



ベチュア河鉄橋
アルベルト:
お前も反政府軍の兵だな?
どうしたんだ? ここで何をしている

エミル(沈):
ううっ・・・
味方の部隊が 全滅したんです・・・
ぼくのヴァンツァーは補給機だったから 後方にいて・・・
それで逃げてこられたんだけど・・・

アルベルト:
早く 基地にもどった方がいいぞ
このあたりは まだ危険だ

エミル(沈):
でも・・・ 同志ヨハンセンは
きびしい人だから・・・
ぼく一人だけが生きのこった事を知ったら・・

アルベルト:
・・・・・・

エミル(沈):
彼は 任務に失敗した部下を許さないんです

アルベルト:
しかし ここにいたからってどうなるものでもないだろう?
ぐずぐずしていると 政府軍に見つかってしまうぞ!

ブレンダ(叫):
もう おそいわよ!
敵のヴァンツァー隊がそっちにむかってる!

アルベルト(苦):
ちっ! まずいな
はやくヴァンツァーに乗りこめ!

エミル(沈):
わ わかりました

アルベルト(叫):
敵はかなり手強そうだ
お前はすきを見て 基地へ急げ!

エミル(苦):
いや ぼくもいっしょに戦います
ぼくのヴァンツァーなら あなたの機体を回復させられるから

エミル(沈):
それにぼくは 戦いの中で死んだ方がいいんだ
それが革命のためなんだ

アルベルト:
・・・・・・
わかった
そのかわり 生きのこったら基地へもどるんだぞ!

エミル:
えっ!?
は はい・・・


アルベルト:
ふう
なんとか追いはらえたようだぞ

エミル:
ありごとうございます こんなぼくのために・・・
ぼくの名前は エミル・シンスキー
反政府軍ヴァンツァー部隊の 補給機のパイロットです

エミル(沈):
でも ぼくの部隊は全滅してしまいましたが・・・

アルベルト:
そんなに 気を落とすな
おれとの 約束は覚えているよな?

エミル:
・・・はい
基地に帰って 同志ヨハンセンに説明してみるつもりです

アルベルト(喜):
それでいい
実はおれも これから基地へ行くつもりなんだ

エミル:
そうですか また あえるといいですね
じゃあ お先に


ブレンダ:
彼は どうしたの?

アルベルト:
自分のヴァンツァーで 基地へ帰ったはずだ
おれたちも行ってみよう



Mission Complete



ボルクタ
ブレンダ:
反政府軍の基地は ここから遠くないわ

アルベルト:
しかし・・・反政府軍とは
それほど きびしい所なのか・・・

ブレンダ(喜):
まあ エミルのせいで 隊が全滅したわけじゃないし
ヨハンセンも わかってくれるんじゃないかしら?

クラーク:
しかし・・・反政府軍とは
それほど きびしい所なのでしょうか
同じ軍人としても 理解できませんな

ブレンダ(喜):
ランドルフ少佐は やさしそうだったものね

アルベルト:
まあ エミルのせいで 隊が全滅したわけではないし
ヨハンセンもわかってくれるだろう
 

BACK MENU NEXT