×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

BACK MENU


ボルクタ
ボルサイ市街に発進
ブレンダ:
何か大きな物体がレーダーにうつったわ!
もしかしたら あれがツェルネンコ!

アルベルト:
市街地をあっという間に破壊しつくす兵器か・・・
いったい どんなものなんだ?

エミル:
巨大なヴァンツァーらしいという話ですが

ブレンダ(叫):
待って!レーダーの影が2つになったわ!

アルベルト(叫):
なにっ!
ツェルネンコは 2体あるのか!?

エミル(叫):
そ そんなはずはありません!

アルベルト(苦):
いったい どういうことだ・・・
しかし・・・ここで手をこまねいているわけにはいかん
このままでは また街が破壊される
行くぞ!


ボルサイ市街
ブレンダ:
このまま進んで! この先にやつがいるはずよ


アルベルト(苦):
こ こいつがツェルネンコか!

政府軍兵士(叫):
エレミヤ少尉!現れました! あれがうわさの・・・

政府軍仕官:
ヤコブレフ隊を全滅させた傭兵か!
おもしろい・・・
やつが このツェルネンコとまともに戦えるだけの腕を持つパイロットなら
良い戦闘データが得られる
シグマ・トランスフォームのスタンバイもしておけ

政府軍兵士:
ハッ!


政府軍兵士(叫):
ダ・・・ダメージレベルが 限界をこえました!
もう もちませんっ!
脱出します!


政府軍仕官:
な なんてパイロットだ・・・
このツェルネンコを たかがノーマルヴァンツァーで倒すとは・・・
こいつの能力はデータと違い・・・すぎる

政府軍仕官(叫):
ぐわああっ!

政府軍仕官:
な なんてやつだ・・・
このツェルネンコを倒すとは・・・
こいつの能力はデータと違い・・・すぎる

政府軍仕官(別人?):
ぐわああっ!



アルベルト(苦):
なんとか ツェルネンコを撃破した

ブレンダ(叫):
こちらからも 確認できたわ
だけど・・・よくやったわね!

エミル:
信じられません
あの ツェルネンコを倒すなんて・・・

アルベルト(苦):
しかし 苦しい戦いだった
おれも ヴァンツァーもつかれきっている・・・
早く回収してくれ

アルベルト(苦):
しかし 苦しい戦いだった
早く回収してくれ


ブレンダ(喜):
OK! すぐ行くわ



Mission Complete



ボルクタ
ブレンダ:
ヨハンセンから 通信よ

ヨハンセン:
よくやった!
あの ツェルネンコを撃破するとは!
これで わが反政府軍は必ずや 勝利をおさめるだろう!

アルベルト(喜):
そうかもしれん
だがそれは 新しいリーダーのもとで だな

ヨハンセン:
な なんだと? 何を言っているのだ?

アルベルト:
市民や革命軍の兵たちはすでに・・・
お前の悪事に気づきはじめているぞ

ヨハンセン:
う・・・
わしには 何のことかわからんが・・・

アルベルト:
まあいい おれの任務は終わりだな
本部に帰るぞ ブレンダ

ブレンダ(喜):
うん!
あ それからヨハンセンさん
エミルはもらって行くわ それじゃ

ヨハンセン:
うぐぐ・・・
好きにするがいい・・・


シャダク市街
市民:
市民の一部は 反政府軍本部に行きました


反政府軍本部
市民:
政府軍の力は だいぶ 弱まりました
しかし まだ攻撃の行われている地方もあると聞きます


ミハエルの父:
ヨハンセンは この基地から逃げ出したようです
自分の悪事が露見したことに気付いたのでしょう


ミハエル:
街のみんなが 帰ってきたよ


ボルクタ上空
エミル(沈):
これから ぼくの国はどうなるんでしょうか?
ぼくは もうここにはもどれないのか・・・

アルベルト:
心配するな
あの様子では ヨハンセンももう 長くはあるまい
政府軍の方も ツェルネンコを失って 少しは考え直すだろう

エミル(喜):
そうですね!
ああ 早く戦いが終わってほしいなあ

アルベルト:
それにしても・・・
あの赤いヴァンツァーの傭兵 ・・・ジェノスと言ったな
あんなやつが 同じ傭兵として戦っているとは

ブレンダ(叫):
私 思い出したわ・・・
彼は“クリムゾン ブロウ”のリーダーよ

アルベルト:
クリムゾン・ブロウ・・・?

ブレンダ:
どの組織にも所属していない 3人組の傭兵たちで
全員 赤いヴァンツァーに乗っているところから そう 呼ばれているのよ

アルベルト:
どんなやつらなんだ?

ブレンダ:
かなり 腕の立つ連中らしいわ
私は 出会った事はなかったけど
彼らを敵にまわして生き残れる兵士はいない とまで言われているわ
メキシコでは 政府軍が彼ら3人のために 壊滅状態におちいったのよ

アルベルト(苦):
そんなやつらが この戦場にいたとは・・・

ブレンダ:
かなり 腕の立つ連中らしいけど・・・
私は 出会った事がないから くわしいことはわからないわ・・・

ルヴェン:
ジェノス ルーク ビショップ ・・・・・・
たった3人構成の傭兵部隊さ・・・
メキシコでは 政府軍が彼ら3人のために 壊滅状態におちいった
彼らを敵にまわして生き残れる兵士はいない とまで言われている・・・

アルベルト(叫):
ルヴェン!知っていたのか

ルヴェン:
ああ うすうすわかっていた
もっとも おれも直接会った事があるわけではないし・・・
お前がビビるとまずいんで言わなかったのさ

アルベルト(苦):
そうか・・・
しかし そんなやつらがこの戦場にいたとは・・・


ブレンダ:
戦わずにすんでよかったわね
一時はどうなるかと思ったわ

クラーク:
しかし 戦わずにすんでよかったです
一時はどうなる事かと思いましたが


アルベルト(苦):
今回は 同じ反政府軍の傭兵だったから かもしれない
やつを 敵にまわしたくないものだ・・・
 

BACK MENU