×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

BACK MENU NEXT


ボルクタ
ゴルチェ山に発進
ブレンダ:
罪もない兵士を殺せなんて・・・
なんだか いやな仕事にあなたをまきこんじゃったみたいね
ごめんなさい
やっぱり あなたみたいな人は 傭兵になんてならない方がよかったのかも・・・

アルベルト(喜):
いや
君に会って 国外に連れ出されていなかったら
今ごろ おれは国でアークに殺されていた
おれは 君に助けられたんだ あやまることはないさ

ブレンダ:
そう? それなら いいけど・・・

アルベルト:
それに 今のおれには仕事が必要だ
アークを倒すまではな・・・
さあ ここの状況を調べてみてくれ

ブレンダ:
わかったわ ええと・・・
政府軍の機体は レーダーにうつっていないわ

アルベルト:
そうか

ブレンダ(叫):
待って
対戦車地雷の反応があるわ!

アルベルト:
こんな 戦場でもない所に?
おかしいな・・・ よし 調べてみよう


ゴルチェ山
ブレンダ:
地雷の他にもトラップの反応があるわ!
気をつけてね

アルベルト:
了解


アルベルト(叫):
エミル! こんな所にいたのか

エミル:
アルベルトさん!

アルベルト(叫):
トラップをしかけたのもお前だな?

エミル(沈):
ええ・・・ そうです
ごめんなさい・・・・・・・・・・・・・・
ヨハンセンの命令でぼくを殺しにきたんですね?

アルベルト:
いや おれは・・・

エミル(沈):
しかし あなたには感謝しなければならない
もしあのとき あなたに助けてもらえなければ・・・
ぼくは 真実を知ることなく死んでいたわけですから

アルベルト:
・・・・・・

エミル(沈):
ヨハンセンの野望を知ることができましたし
他の人々も その事に気づき始めています
もうこの国は大丈夫でしょう 思いのこす事はありません
さあ どうぞ

ブレンダ:
待って アルベルト!!
まさか あなた本気で彼を殺す気じゃないでしょうね?

アルベルト(喜):
あたりまえだ
そんなことをするわけがないだろう

ジェノス:
きさま 甘いな!


アルベルト(叫):
お前は!

ジェノス(喜):
ターゲットを前にしりごみしているようでは
一人前の傭兵とは言えん

アルベルト(叫):
なんだと!
お前もエミル追跡の命令を受けているのか?

ジェノス(喜):
どうやら きさまは
ヨハンセンに信用されていないようだな
さあ そこをどけ!

アルベルト(叫):
まてっ! そうはさせん!

ジェノス(喜):
この私を 相手にしようというのか?
身のほどを 知らんやつだ
フッ まあいい
ここで張り合って きさまのようなシロウト傭兵を殺しても 何の得にもならん


ジェノス:
ヨハンセンも もうすぐ民衆に倒されるだろう
この戦場への興味もなくなった
さらばだ アルベルト
次に会う時までには その甘さを消し去っておくことだな

アルベルト:
・・・・・・


エミル:
アルベルトさん ありがとうございました
しかし・・・あなたは なぜぼくを助けてくれたんですか?
命令違反までして・・・

アルベルト:
君の気もちはよくわかる
おれも国から追われた身だからな

エミル:
そうだったんですか・・・
そうだ!ぼくを あなた方の仲間にしてくれませんか?
ぼくは あなたのやさしい言葉が とてもうれしかった
今まで 人からやさしくされたことがなかったんです

アルベルト:
そうか・・・

エミル:
それに ぼくは
もっと世の中のことを知ってみたい!
もし 足手まといでないなら・・・
ぜひ あなたと旅をしたいんです

アルベルト(喜):
よし・・・わかった
いっしょにこい 歓迎するよ

エミル(喜):
ありがとうございます!



Mission Complete



ボルクタ
ブレンダ(喜):
アルベルト・・・ エミルを 助けてあげるなんて
あなた やっぱり私の思った通りの人だったわ

エミル(喜):
みなさん これから お世話になります

クラーク:
また 仲間が増えたというわけですな


ルヴェン(喜):
まったく
どうしようもないお人好しだぜ ・・・アルベルトはよ


アルベルト(喜):
しかし・・・いつまでもうかれている場合じゃないぞ
この命令違反に気づかれたら・・・

ブレンダ:
あっ! ヨハンセンから通信だわ

ヨハンセン:
ツェルネンコの所在がわかった
君たちの現在位置に近いボルサイの街にあるようだ

アルベルト:
ヨハンセン
おれの事は あてにしてないんじゃなかったのか?

ヨハンセン:
ふん!
気にいらないヤツを いちいちクビにするほど われわれには余裕がないのでな

ブレンダ:
銀行でも おそえば?

ヨハンセン:
うっ・・・
きさまらといい ジェノスといい
傭兵というやつは どうしてまともに仕事ができんのだ!?
・・・とにかく ジェノスは逃げた
ここからは お前たちの仕事だ!
わかったな!!

アルベルト(喜):
ヨハンセンは ああ言っているが どうする?

ブレンダ:
そうね・・・
どちらにしてもツェルネンコは危険な存在だわ
市街地の様子を見たでしょ?

アルベルト:
そうだな・・・とにかく できるだけやってみよう
 

BACK MENU NEXT