×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

BACK MENU NEXT


ボルクタ
シャダク市街に発進
アルベルト:
市街地だな

ブレンダ:
ここにエミルが いるかもね

アルベルト:
ここはかつて 戦場だったようだな
ずいぶん あれはてている

ブレンダ:
でも まだ住んでいる人もいるみたいよ

クラーク:
しかし まだ人の住める場所もあるようですな


アルベルト:
そうか・・・
何かわかるかもしれない 降りてみよう

ブレンダ(喜):
OK!


シャダク市街
アルベルト:
エミルは どこに行ったんだろう

ブレンダ:
そうね
あの機体で政府軍の勢力圏をうろついていたらイチコロよ

アルベルト:
それにしても・・・
このあたりは 特にひどいありさまだな
とても通常の攻撃では ここまで破壊しつくされんだろう

ブレンダ(苦):
もしかして これがツェルネンコの力?

アルベルト:
かもしれん


ブレンダ:
あんまり 根をつめないで少し休んだら?



ブレンダ:
エミルが かくれてるとすれば このあたりかな?

アルベルト:
わからん だが 人の気配はするな

ミハエル(叫):
父さんをかえせ!

アルベルト:
なんだ?

ミハエル(叫):
父さんをかえせ!

アルベルト(叫):
よさないか!

ミハエル(叫):
おまえも はんせいふの人間だろ?
わるものだ!

アルベルト(叫):
なにっ? どういうことだ?

ミハエル(叫):
この街で さんざん戦争しておいて
しかも 父さんたちをつれて行っちゃったんじゃないか!

アルベルト:
反政府軍がそんなことを?
それで 大人たちは どこへ 連れて行かれたんだ?

ミハエル:
お兄ちゃんは わるものじゃないの?

アルベルト:
少なくとも 反政府軍の軍人ではない

ミハエル:
そうなの?
じゃあ 父さんたちを助けてよ!
父さんたちは ひどいめにあわされてるんだ

アルベルト:
しかし・・・

ミハエル:
父さんたちはこっちだよ ついてきて!

アルベルト:
・・・・・・

ブレンダ(喜):
わかってるわよ
止めても どうせ行くんでしょ

アルベルト:
すまない

ブレンダ(喜):
でも エミル追跡のこともわすれないで

ミハエル:
どうしたの はやくきてよ!

アルベルト:
わかった


ミハエル:
ちょっと!
ヴァンツァーじゃあ めだっちゃうよ

アルベルト:
・・・
しかたない 歩いて行こう


ミハエル:
あれだよ!
大人たちが むりやりに働かされてるんだ

アルベルト:
おい まてよ
あれは 政府軍の部隊じゃないか

ミハエル:
違うんだよ
あの兵隊たちは わるさをする時だけあれを使ってるんだ
はんせいふのやつらはこの国を食い物にしてるって いつも父さん言ってたよ

アルベルト(苦):
なんだと!
政府軍を よそおって悪事を働いているのか!
ヨハンセンめ

ブレンダ:
ちょっと待って! ムチャしないでよ!
ただえさえヨハンセンににらまれてるのに まずいわ!

アルベルト:
やつらは政府軍の格好をしてるんだ
手を出してなにが悪い!

ミハエル:
やっつけちゃえ!!


兵士:
おい!! きさま 何者だ!?
おや? きさまは たしか・・・

アルベルト(叫):
お前たちは反政府軍だそうだな!
捕らえた人たちを解放してやれ!

兵士(叫):
ま まてっ
おれたちは同志ヨハンセンの命令で 動いているんだ
お前は われわれがやとった 傭兵だろう?
手を出すな! これは革命のための資金なんだぞ!

アルベルト(叫):
こんなことをして なにが革命だ!

兵士(叫):
ええい!! ものわかりの悪いやつだ
ヴァンツァーなしで おれたちに かなうと思っているのか!


アルベルト:
ふう
終わったな
あの少年はどうしたろう 銀行のところか?


ミハエル:
お兄ちゃん!!
父さんが・・・ いないんだ

アルベルト:
よく さがしたのか?

ミハエル:
うん・・・
ほかのおとなの人は にげちゃったし・・・・
うえーん!! うえーん!!

市民(喜):
おーい!!
ミハエルー!!

ミハエル:
あ!!


ミハエル(喜):
お父さん!

ミハエルの父(喜):
ミハエル・・・ 無事だったのか!

ミハエル(喜):
うん!!
あのお兄ちゃんといっしょに わるものをこらしめたんだよ!!

ミハエルの父:
そうだったのか・・・

ミハエルの父(喜):
ありがとうございます!
これでわれわれも 安全な場所に避難できます

アルベルト:
それにしても・・・
これは一体どういうことなんだ?
反政府軍が 市民をおそうとは・・・

ミハエルの父:
それは・・・
反政府軍は 民衆のための革命といいながら
実際は各地で略奪をくり返し 軍事力をのばしています
しかも それを政府のしわざに見せかけているのです

ブレンダ(苦):
そうだったの・・・ ひどいわ!

ミハエルの父:
たしかにわれわれは 政府に不満をもっていました
政府は軍備強化の事ばかり考えていたからです
しかし・・・今の反政府軍はもっとひどい!!

ミハエル(叫):
父ちゃんのいうとおりだよ!

ミハエルの父:
だが 多くの人たちはまだそれに気づいていない
私たちは 今こそ立ち上がり みんなに真実を 伝えなければならないのです!

アルベルト(苦):
そうだったのか
ヨハンセンめ・・・


アルベルト:
よし 帰還するぞ

ブレンダ:
了解!

ミハエル(喜):
ありがとう お兄ちゃん!



Mission Complete



ボルクタ
アルベルト:
だんだん 反政府軍の本当の姿が 見えてきたな

ブレンダ:
でも ここでやめたら
傭兵協会をクビになっちゃうかもしれない
それは こまるわ・・・

アルベルト:
そうだな
とにかくエミルはさがそう

ブレンダ:
ヨハンセンの言う通りにするつもりなの?

アルベルト(喜):
まあ まかせておけ

ブレンダ:
う うん・・・


シャダク市街
市民:
ありがとうございました
われわれは 国の人たちに真実を伝えるつもりです


ミハエル:
兄ちゃん さっきはありがとう!


市民:
やっと 自分たちのために働けるよ
 

BACK MENU NEXT