×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

BACK MENU NEXT


アルハリ
ダハーナ砂漠に発進
アルベルト:
ここも戦場になっているようだ

ブレンダ:
対空砲火がきびしいわ

ルヴェン:
そりゃ そうだろう
やつら あんたにガレオンを ぶっこわされて
相当 頭にきてるはずだからな

アルベルト:
カタをつけないと 通りぬけられそうもないぞ
行ってくるしかないな

ブレンダ:
おねがいね


ダハーナ砂漠
ブレンダ(叫):
気をつけて! 敵のクルージングミサイルが
そっちへ向かっているわ

アルベルト(苦):
なんだって!
まずいっ 逃げきれないっ!!

ブレンダ(叫):
そ・・・そんな


サカタ:
ふむ・・・いいデータが取れたぞ・・・
そうか・・・着弾時の相変化をもう少し安定化していけば・・・

アルベルト(叫):
なんだ!?
あのヴァンツァーに助けられたのか・・・?
それにしても
クルージングミサイルの直撃を受けとめるヴァンツァーなんてはじめて見たな・・・

サカタ:
ふっふっふ・・・ もっちろんだっ!
わしの開発した このシールドなら
ミサイルはおろか 核磁気ビームでも平気なのだよ

アルベルト(叫):
あんた 何者だ!?

サカタ:
これは 失敬
わしはシールド工学者のDr.サカタという者だ
この戦場では 私の開発したシールドをテストしている

アルベルト:
そうなのか

サカタ:
だから 君の敵でもないし
味方でもないと考えておいてくれたまえ

アルベルト:
それなら なぜおれを助けた?

サカタ:
人が無意味に死ぬことには たえられん
わしは人々を この無意味な戦火から救い出したいと思い
究極の防御兵器を開発中なのだよ

アルベルト:
それはいい!
ぜひ おれたちの仲間になってくれないか?

サカタ:
わしを お前らのくだらん戦いに
まきこもうというのか?

アルベルト:
いや おれは・・・

サカタ:
いずれにしても わしは
いろいろな 強力火器のデータを取らねばならんのだ
おことわりしておくよ
まあ 君がめずらしいビーム兵器でも もっているなら話は別だがね
・・・さらば!

アルベルト(叫):
あっ まてっ!



Mission Complete



アルハリ
ブレンダ:
危ない所だったわね
でも さっきのあれ なんなの?

アルベルト:
わからん
敵ではないようだが・・・

ルヴェン(喜):
この戦場は おかしなやつが多いぜ
あんたらもふくめてな

ブレンダ:
よけいなおせわよ!
あなたの方が よっぽど変じゃない

ルヴェン(喜):
そうさ・・・ みんな狂ってるんだ
この戦場だけじゃない 今や世界中が狂ってる
おれには そう見えるぜ

アルベルト:
たしかにな

ルヴェン:
おれが ひとつ予言をしてやろう
あんたら このまま傭兵を続けるなら
かならず この狂気に直面することになる

ブレンダ(怒):
ばかみたい!
予言なんてくだらないわ

ルヴェン(喜):
まあな
おれも そう思うぜ

アルベルト:
・・・・・・
 

BACK MENU NEXT