×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MENU NEXT


シビルスカ
ブレンダ:
こっちにくる間に少し調べたんだけど
ここのテログループは“赤ザメ”ってよばれているらしいわ

ルヴェン:
赤ザメか!
そういえば そんな名前の
高度な兵器を持ったテログループのウワサを聞いた事があったな

アルベルト:
リチャードは言っていた
もしかすると この件にも裏があるかもしれないと

エミル:
ということは
こいつらを ウラであやつる組織がいるかもしれないと言うんですね・・・

ブレンダ:
とにかく 調べてみるしかないわね
じゃあ まず海底油田に向かうわ
そこで 指示があるはずよ


シビルスカ油田に発進
レジネフ:
よくきてくれた
私がロシア大統領レジネフである

ブレンダ(喜):
私は ブレンダ
こっちはアルベルトです
かなりの腕利きなのよ よろしく
ところで仕事の方は?

レジネフ:
われわれの国は今やテロリストの巣だ
彼らは“赤ザメ”を名乗って各地をあらしまわっている
これをなんとかせねば わが国の経済が立ちゆかないほどなのだ

アルベルト:
どうも そうらしいな
もっとも 最近はどこの国でも同じようなものだが

レジネフ:
君たちにはやつらのテロ活動を 阻止してもらう

ブレンダ:
わかったわ

レジネフ:
まずは君たちのいる場所 シビルスカ海底油田基地だ
この施設に取りついたテロリストたちを 排除してもらいたい
ここには まだ何人かの作業員がとり残され人質となっている
注意して 作戦にあたってくれたまえ

アルベルト:
了解


シビルスカ海底油田
レジネフ:
最も重要なのは人質を開放すことだ
しかる後 テロリストを排除してくれ

アルベルト:
しかし・・・
テロリストを排除するにはプラントの中で 武器を使わねばならない
ヘタをするとプラントに被害が出るかもしれないが

レジネフ:
この油田プラントを悪用されるくらいなら
多少施設を破壊してもかまわん

アルベルト:
そうか・・・
わかった やってみよう


ジェノス:
テロリストを逃がすな!

ビショップ(喜):
ウヒャヒャ みな殺しだァ!


アクセル(叫):
あっ! お前たちはっ!!


アルベルト(叫):
ジェノス!
お前もこの戦場にきていたのか!?

ジェノス(喜):
ふふふ・・・ そう いきり立つな
今回は 味方同士のようだ

アルベルト:
では お前もロシア軍の傭兵なのか

ジェノス(喜):
そういうことだ 安心しろ

アクセル(叫):
安心なんかできるかっ!
ビショップッ!! よくも おいらの村を焼きやがったなっ!


ビショップ(苦):
ケッ!まどろっこしいぜ!
ドサクサにまぎれて殺っちまおうか?

アルベルト(叫):
なんだと!

ジェノス:
あわてるな ビショップ
任務を先に果たすのだ!

ビショップ(苦):
わ わかりやした


ビショップ(喜):
じゃ 代わりにテロリストをみな殺しにしてやるぜ!

アクセル(苦):
・・・・・・
アルベルトさん! おいらは こいつらとはいっしょにやりたくねえよ
悪いけど 先に帰るからね

アルベルト:
アクセル・・・



作業員:
おお! 助けにきてくれたのか!


作業員:
早くテロリストを止めてくれ 原油が流出してしまう!!


作業員:
ああ もうだめかとおもったぜ!
仲間のかたきをとってくれ


兵士:
ありがたい! だが 気をつけてくれ!
やつらは 水中用の新型ヴァンツァーを使っているぞ
こちらの防衛部隊は 簡単にやられてしまった


作業員:
ああ・・・ 石油プラントが崩壊していく
われわれに残された石油は残り少ないというのに


アルベルト(叫):
ビショップ!
破壊が 許されているとはいえ やりすぎだぞっ!

ビショップ(喜):
うるせ〜っ! オレは お前の部下に
なったおぼえはね―ぜ!
ひっこんでやがれ!!

アルベルト(叫):
なんだと きさま!

ビショップ(喜):
てめえ やるってのか!?

ジェノス(叫):
やめろ ビショップ!
戦場では生き残ることだけを考えるものだ
ムダなエネルギーを使うな!

ビショップ:
・・・・・了解
ちっ きさま 命拾いしたな!


ビショップ(喜):
きさまのやりかたはまどろっこしいぜ
もっとハデにできねーのか?

アルベルト:
プラントを無駄に破壊するわけにはいかん

ビショップ:
しんきくせーやつだぜ!


ビショップ(喜):
おらおら!
もたもたしてるとおれの弾に当たっちまうぜ!

アルベルト:
ぐっ!

ビショップ:
どうした? ブルっちまったか?

アルベルト:
・・・・・・


シヴァルツ:
ふがいない 部下どもだ!
こんなやつごときに手を焼くとはな

アルベルト(叫):
なにっ!

シヴァルツ:
こうるさい傭兵どもめ!
こんな油田なんぞはどうなっても いいが
てめえらみたいな連中にやられたと あっては だまっちゃいられねぇな!

アルベルト(叫):
お前が“赤ザメ”のボスなのか?

シヴァルツ(喜):
がははははは ・・・そういうことだ!
てめえも運がねえな!
このシヴァルツ様と戦場で出会っちまったんだからなあっ!


シヴァルツ(苦):
くそっ!こんな機体では思うように戦えん!
ここはまかせたぞ!

兵士:
わかりました
私が プラントの作業機械を使って 食い止めます
シヴァルツ様はお逃げ下さい


兵士:
シヴァルツ様を逃がすためだ
こうなったらプラントを爆破してでも お前を倒してやる!

アルベルト(叫):
なんだと!
そんなことをすれば海が汚染されるぞ!

兵士:
知ったことか!


兵士(叫):
うわあっ シヴァルツ様・・・ 失敗しました!
あれの完成を急いで・・・
ぐわっ!



Mission Complete



シビルスカ
レジネフ:
アルベルト君 無事かね?

アルベルト:
ああ・・・
油田プラントに 被害は出たが 油の流出だけはなんとか食い止めたようだ

レジネフ:
うむ ごくろうだった
直ちに補修部隊を向かわせよう
すまんが 君たちは次の場所に向かってくれたまえ

ブレンダ:
どこへ行ったらいいの?

レジネフ:
今 敵の攻撃を受けているのは
モルフスクの街とレビ川鉄橋だ
到着したら また連絡する
 

MENU NEXT