×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

BACK MENU NEXT


シビルスカ
サカタ:
なにをしておる?
ステータス・オールグリーン 発進準備OKだぞ!



シヴァルツ要塞
シヴァルツ:
いさぎよく 殺されにやってきたようだな
ぐははははは
今回は ロシア軍や君たち傭兵を 実験台にさせてもらったおかげで
素晴らしい兵器が完成した! 礼を言うぞ!

アルベルト(苦):
実験だと?
そうか・・・やはりお前ら テロリストではないのだな!

シヴァルツ:
テロリストだと? われわれが?
これはゆかいだ

アルベルト(叫):
すると “赤ザメ”というのはカモフラージュ・・・
きさまらが ソサエティのメンバーだったのか!

シヴァルツ(喜):
いかにも!
われわれは ソサエティの兵器開発チームだ!
死ぬ前に教えてやろう
このテロリストさわぎは 新兵器の実験のために仕組まれたものなのだ!

アルベルト(叫):
なんだと!では空中艦隊の兵たちは
そんなもののために殺されたというのか!

シヴァルツ:
そういうことだ
それに きさまを殺せとの命令も出ている

アルベルト(叫):
おれを・・・?

シヴァルツ:
アークを殺し ことごとくわれわれのジャマをする
きさまは われわれにとって目ざわりなのだよ

アルベルト(苦):
おれの国も 父や母もお前らのせいで・・・

シヴァルツ(喜):
され そろそろきさまには死んでもらうとするか
この新兵器のデモンストレーションのフィナーレとしてな!


サカタ(喜):
これか!
なるほど!すばらしい!!

アルベルト:
感心している場合じゃない なんとかなりそうか?

サカタ:
ふむ
さっき見て わかった部分を分析すると・・・
マイクロウェーブビームのようだな

アルベルト:
どういうことだ?

サカタ:
強力な電磁波を放射しているのだ
ビームのように見えるのは 空気中の粒子がプラズマ化しているからだろう
あれでは 通常の装甲が意味をなさないのはあたりまえだ
しかし・・・心配無用
あれなら こいつの装甲で95% 効果を消せるわい!

アルベルト:
そうか! では援護をたのむ
突っ込むぞ!

サカタ(叫):
対マイクロウェーブシールド スイッチON!


アルベルト(叫):
ソサエティとはなんだ?
正体を明かせ!

シヴァルツ(喜):
おれが言うと思っているのか?
・・・ざんねんだったな おれの答えは これだ!


フェルダー(苦):
ちっ シヴァルツめ よけいな事をしゃべりおって!

アルベルト(叫):
お前は フェルダー司令! ここでもお前が・・・

フェルダー(苦):
どこまでも われわれのジャマをするというのか


ジェノス(叫):
ロイス!
必ずここに現れると思っていたぞ

アルベルト(叫):
なにっ!?

フェルダー(叫):
兄さん!?

ジェノス:
ソサエティから手をひけ! これが最後だ!

フェルダー(苦):
ムダなことを・・・! われわれは すでに
マイクロウェーブ砲の開発を完了したわ

ジェノス:
武力で世界が変えられるとでも思っているのか?

フェルダー(苦):
じゃあ 兄さんはどうなんです?
あなただって すっかり戦いにそまってしまっているじゃないの!
もう 遅いのよ!

ジェノス(苦):
くそっ・・・ やはり ソサエティの
内部に入りこむしか手はないのか・・・

アルベルト:
あの司令官は お前の妹だったのか!
しかし ソサエティとは? お前の本当の目的はなんなんだ!?

ジェノス(苦):
・・・・・・・
お前には関係のないことだ・・・



Mission Complete



シビルスカ
アルベルト:
“赤ザメ”はテロリストなんかじゃなく
ソサエティという組織の一部だった
やつらは この国で新兵器の・・・

サカタ:
マイクロウェーブ砲だ

アルベルト:
そう
その兵器の開発実験とデモンストレーションを行なっていたようだ

レジネフ:
ソサエティだと!?

アルベルト:
どうしたんだ?
ソサエティのことを 何か知っているのか?

レジネフ:
いや なんでもない・・・

アルベルト:
なんでもいい
ソサエティについて知っていることがあれば教えてくれ!

レジネフ:
・・・・・・・・・・
“赤ザメ”がやってくる前のことだ・・・
前の大統領が ある組織から要求をつきつけられたことがあったらしい
しかし 大統領はそれをことわった
そしてまもなく・・・

ブレンダ(叫):
なぞの突然死! ニュースで見たわ!

レジネフ:
病死ということになっているが
実は暗殺されたのだ

アルベルト:
その組織が ソサエティかもしれないと・・・
しかし その時やつらは何を要求したのだろう

レジネフ:
わが国に 他国への侵略戦争を始めろと・・・

エミル(叫):
なんてことを!

アルベルト:
おそろしい話だ
おれも あちこちの戦場でソサエティの存在を 感じてはいたが・・・

レジネフ:
すでに事は 国家レベルの問題となっているようだ
君のような傭兵が解決できるようなことではない
悪いことはいわん 手を引きたまえ

アルベルト:
わかっている しかし・・・
戦いに身をおいた者として 全ての真実をたしかめたい
ソサエティの意志がシヴァルツの言うとおりなら・・
おれのこの手でたたきつぶしたいんだ!

レジネフ:
そうか・・・ かなり危険だが・・・
いや もしかすると君になら できるかもしれんな・・・


シビルスカ上空
アルベルト(喜):
Dr.・・・ありがとう 助かったよ

サカタ(喜):
いや 礼を言うにはおよばん
こっちは好きでやっとるんだからな

ブレンダ:
しかし あなたのような工学博士が なぜ戦場に?

サカタ(喜):
わしはコンピューターとにらめっこしているより
現場で実験する方が性に合っていてな

サカタ:
ところで わしもあんたたちといっしょに行動させてくれんか?

アルベルト:
それは 願ってもないことだ!
ただ おれたちは今 とても危険なことに首をつっこんでいる
ヘタをすると命を失うことになるかもしれん
それでもいいのなら だが

サカタ(喜):
はっはっは OKだ 自分の身は自分で守る
それよりも あんたといっしょにいた方が
いろいろといいデータが取れそうだからな

ルヴェン(喜):
やれやれ また変なやつがきちまったぜ
 

BACK MENU NEXT