×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

BACK MENU NEXT


マチュピチュ
マチュピチュ遺跡に発進
ブレンダ:
ホセさんの情報によると
ゲリラの基地は ここマチュピチュ遺跡にあるらしいわ
今度こそ やつらを壊滅させましょう

アルベルト:
ブレンダ・・・
どうもおれには あいつらがただのゲリラとは思えん・・・
市民を攻撃するようなやつらには 見えないんだ

ブレンダ:
えっ?
じゃあ あのホセさんが何かを かくしてるとでも?

アルベルト:
いや・・・ それはわからない
今度は あの大型のヴァンツァーに乗っている男か
リーダーらしい女を捕まえて
やつらの言い分を聞いてみよう

ブレンダ(喜):
また・・・お人好しというかあなたらしいわ

アルベルト:
よし! 出るぞ


マチュピチュ遺跡
アルベルト:
守りはかたいな・・・
しかし なんとしても突破しなければ!


アルベルト(苦):
まてっ!おれは 戦いにきたんじゃない!

ブレンダ:
ムリよ!
私たちの 言うことを聞いてくれる わけがないわ

アルベルト(苦):
やはりゲリラのリーダーから直接 話を聞くしかないな


グラント:
現れたな! ホセに味方する傭兵め!

アルベルト:
いや 話し合いにきたんだ
お前たちのリーダーに会わせてくれないか

グラント(叫):
なんだとお?
そんな言葉に このおれがだまされるとでも思っているのか?
問答無用だっ! 今度こそはきさまを生かしてはおかんっ!

アルベルト:
やめろっ!


アニタ(叫):
待って!

アルベルト:
!?

アニタ(叫):
バカなまねはやめなさい! グラント!
ムダな血を流す必要はないわ

アルベルト:
君は・・・!?
君が ゲリラのリーダーなのか?

アニタ:
ええ・・・
でも私たちは ゲリラなどではありません
ガーディアンという組織の一員です
私は ここの現地司令官なのです

アルベルト:
ガーディアン? なんだ それは?

グラント(苦):
お前
おれたちの正体を知らなかったとでも言うつもりか?

アルベルト:
おれが 聞いているのは
ここに市民を襲うゲリラがいるということだけだ

グラント(叫):
おれたちは市民を襲ったりはしていない!

アニタ:
それは 本当です
あなたもソサエティから送りだされた傭兵ですか?

アルベルト:
ソサエティ!
ばかな!! どうしてそんなことを!

グラント(苦):
けっ!とぼけやがって
ホセがソサエティの最上位幹部“ナンバーズ”の一員だってことぐらい お見とおしだ!

アルベルト(叫):
・・・・・・!! あのホセが?
信じられん・・・

アニタ:
あなたも傭兵ならば
アルハリの内紛やベルゲンのアーク大佐の事を知っているでしょう?

アルベルト(苦):
あ・・・ああ

アニタ:
これらの戦争は
世界でバラバラに起こっているように見えるけれど
実は ソサエティという世界規模の軍事組織がしかけたものなのです!
彼ら ソサエティは戦争によって得られる利益のために
各地で計画的に戦争を支配しているんです

アルベルト(苦):
それが・・・
ソサエティの正体・・・なのか?

アニタ:
どうやらあなたは 本当に
ソサエティの人間ではないようですね

アルベルト:
ああ
ここにきた本当の目的もやつらの正体をさぐるためだ

アニタ:
私たちガーディアンは
ソサエティに対抗するために生まれた組織です
国のため 家族のためにと多くの人たちが戦争のぎせいになりました・・・
その戦争を ソサエティが引き起こしたことを知った軍人たちの 怒りが
ガーディアンを生んだのです

アルベルト:
ホセはソサエティの・・・

アニタ:
ええ・・・
彼はソサエティの兵器開発の最高責任者なのです
おかげで 今ではこの国がまるごと兵器生産工場のようになってしまっています

アルベルト:
しかし この国には
兵器工場らしいものは見当たらない・・・
君たちを 信じていいものかどうか・・・

アニタ:
アンデスのふもとのマディオス地方に
彼らの生命線ともいえる生産基地がかくされています
全ての真実は そこにあります

アルベルト:
わかった・・・
事の真相がはっきりするまでは 君たちとは戦わないことを約束する

グラント:
くっ アニタ! そんなやつを信じる気か?
そいつは ホセにやとわれてるんだぞ!

アニタ:
いえ 私は信じます
理由は知りませんが あなたは ソサエティをにくんでいる・・
ならば 私たちガーディアンの 怒りも理解してもらえるはずです


ブレンダ:
まずいわ! 爆撃よ!
気をつけて!

アニタ(叫):
きゃああっ!

アルベルト(叫):
一体だれが 爆撃なんか!?

ホセ:
アルベルトさん!
ペルー空軍から援助ですよ!

グラント:
ほらみろ!
こいつはおれたちの事を通報したんだ!

アルベルト(叫):
違う!

アニタ(叫):
グラント!
生存者を見つけて脱出しなさい!
撤退!
総員撤退っ!!



Mission Complete



マチュピチュ
サカタ:
どうも ややこしいことになってきたな

ルヴェン(喜):
おれはあの女リーダーを信じるぜ

アクセル:
おいら ホセさんはいい人だと思うけどな

エミル:
アルベルトさん
あなたはどう考えているんですか?

アルベルト:
ホセはあやしいが・・・
証拠がないかぎりはなんとも言えん
やはりアンデスをさぐってみるか・・・

ブレンダ:
アルベルト そのホセ市長から通信よ

ホセ:
いやいや危ないところでしたね

アルベルト(苦):
あそこを 爆撃した理由を聞かせてもらおう

ホセ:
なぜ そんなこわいカオをするのですか?
あなたを助けようとペルー空軍に空爆をお願いしたんですよ

ブレンダ:
ゲリラたちは逃走しましたけど・・・

ホセ:
そうですか それはよかったです
今日はお祝いですな

アルベルト(苦):
・・・・・・
 

BACK MENU NEXT