×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

BACK MENU NEXT


マチュピチュ
ホセ邸飛行場に発進
ブレンダ:
ホセ機を捕らえたわ!

アルベルト:
ルーク ひとつだけ教えてくれ
ジェノスはなぜソサエティに入ることにこだわったんだ?

ルーク:
ジェノス様は・・・
ロイス様を殺すおつもりだ

アルベルト:
妹を・・・殺すというのか?

ルーク:
はじめは ジェノス様がソサエティのメンバーとなり
ロイス様を つれもどすおつもりだったのだ
もうそれもかなわぬ話だろう・・・

エミル:
そんな・・・

ルーク:
ジェノス様はロイス様を愛しておられる
ジェノス様はロイス様とさし違えるおつもりだ

アルベルト:
そうだったのか・・・

ルーク(苦):
私は戦場で ジェノス様に命を救われた
その時からくらべるとあの方もすっかり変わられてしまったが・・・
それでも私は あの方のためなら どんな事でもするつもりだったのだ
しかし これから先私が ジェノス様のためにできることはなにもない
かといって 私には帰る場所もない・・・

アルベルト:
今度はお前がジェノスの命を 救う番じゃないのか?

ルーク:
!!
そうか・・・ お前の言うとおりだ

ルヴェン:
アルベルト! ホセ機の方が足が速いぜ!
このままじゃひきはなされちまう! どうするんだ!?

アルベルト:
なるべく接近してくれ
そのあとバーニアでホセ機に取りつく

サカタ:
一度飛び出したら艦にはもどれんぞ

アルベルト:
わかっている 大丈夫だ


ホセ邸飛行場
ブレンダ:
ホセ機にだいぶ近づいたわよ

アルベルト:
よし これだけ追いつめれば
おれの ジェットパックだけでいける!
ヴァンツァーのバーニアだけでいける!

ブレンダ(叫):
気をつけて!


ホセ(苦):
うぬぬぬ・・・ なんてやつだ
追いつかれているではないか!
ええい こちらもヴァンツァーで応戦するのだっ!
ナイトゴーントを出せ!


パイロット:
ぐわぁ ソサエティばんざーい!!


ホセ(苦):
まさか!! ナイトゴーントが・・・
ええい! なにをしている すべての砲門を開け!!
やつをたたき落とすのだ!

ジェノス(叫):
むだだ! まだわからないのか!
機を捨ててはやく脱出するべきだ!

ホセ:
ふん! 弱音をはきおって
見ているがいい


ホセ:
まさかここまでやるとは ふたたび おどろきましたよ

ルーク(叫):
ジェノス様!

ジェノス:
ルーク・・・

ジェノス(喜):
フッ
生きていたのか しぶといやつだ

ルーク:
まだ その様な事を・・・
私には わかっております あなたが わざと狙いを はずした事を

ジェノス(喜):
お前は 甘い!
それほど言うなら もう一度相手をしてやろう

ルーク(苦):
・・・私は あなたとは戦いたくありません

アルベルト:
わかった
ここは おれ1人で大丈夫だ

ジェノス:
・・・・・・

ホセ:
ほっほっほ 1人で大丈夫・・・ですと?
たいした自信ですね

しかし あなたのバーニアのパワーももう限界でしょう
ざんねんでしたね
おっと お迎えがきたようです


アルベルト:
なんだ あの青いヴァンツァーは?
見た事もない機体だ・・・

近衛隊長:
No5 ホセへ No1の言葉を伝える
“無能者には死を!”

ホセ(苦):
なんだって!

近衛隊長:
兵器生産の拠点を失ったあなたに 総統は御立腹だ!
ソサエティに無能な者は必要ない
・・・死ぬがいい!

ホセ(苦):
そ そんな・・・
待ってくれ 私にも言いたいことが・・・
ノォォォォォーッ!!

近衛隊長:
それから・・・ ジェノス君
ソサエティは君を歓迎する
ついてきたまえ


ジェノス(喜):
アルベルト さらばだ!

アルベルト:
ジェノス!


近衛隊長:
アルベルト君
これ以上 われわれのジャマをしてほしくないものだ

アルベルト(叫):
きさまらの思い通りにはさせない!

近衛隊長:
とてもざんねんだよ
君のような兵士を殺すのはおしいがしかたあるまい!

ブレンダ(叫):
アルベルト!下がって!
こちらから砲撃するわ!

近衛隊長:
くっ!ジャマが入ったようだな
今日は 引き上げるが次はないと思いたまえ!



Mission Complete



マチュピチュ
ブレンダ:
あの 青い ヴァンツァー・・・
やつは一体 何者なの?

アルベルト:
ソサエティの総統直属の士官らしい
ジェノスを連れて行ったよ

ブレンダ:
するとジェノスは
いよいよソサエティの中枢に入りこんだのね

ルーク:
ジェノス様・・・

ルヴェン:
おれたちにも
ソサエティの本拠がわかればな・・・


クスコ村
グラント:
アルベルト!

アルベルト:
グラント まだ ここにいたのか

グラント:
ああ
アニタが ガーディアンの中心任務についちまったからな
そんなわけで 今やおれがここの 現地司令官ってわけさ

アルベルト(喜):
出世したな

グラント:
まあな
だが またしばらくアニタに 会えねえかと思うとおれは・・・
・・・いや なんでもない
がんばってくれ


アニタ:
グラント
こちらの 様子はどう?

グラント(叫):
ア・・・アニタ!

アニタ(喜):
元気そうね
安心したわ

グラント:
へへへ・・・まあな
こっちの敵軍は もうおとなしくなっているからのんびり やってるぜ
それより・・・こっちにもどっては こられないのか?

アニタ:
ええ・・・
このまま ソサエティとの決着をつけたいのよ
まだ しばらくはもどれそうもないわ

グラント:
そ・・・そうだろうな まあ あんまり無理はするなよ

アニタ:
ありがとう 気を付けるわ



マチュピチュ上空
ブレンダ:
通信だわ

アニタ:
こちら アニタです
先ほどは ありがとうございました

アルベルト:
アニタか・・・ 今 どこにいるんだ?

アニタ:
ガーディアンの本部です
総司令が ぜひホセを倒したあなたと話をしたいそうです

アルベルト:
そうか・・・ つないでくれ

ガーディアン総司令:
私が ガーディアンの総司令だ
アルベルト君だね
君が マチュピチュでの作戦に協力してくれた事を聞いた

アルベルト:
ああ
おれも ソサエティという組織を追っていたんだ

ガーディアン総司令:
そうらしいな
君の事も少し 調べさせてもらったよ
・・・そこで ぜひ 君に頼みたい事があるんだが

アルベルト:
なんだ?

ガーディアン総司令:
わが ガーディアンでは
今 ソサエティ本拠地探索の大きな作戦を計画している
それに ぜひ 君の力をかしてほしい

アルベルト:
あなたたちと行動を共にするわけか・・・
ソサエティの本拠地がわかるのならば 望む所だ
いいだろう

アニタ:
ありがとうございますアルベルトさん
作戦では 私もあなた方と行動を共にするつもりです

ブレンダ:
ふうん そうなの・・・

ルヴェン(喜):
そりゃいい この艦もはなやかになるぜ

アニタ:
われわれの作戦は 南米の都市エスポルテで行われる予定です
そこで落ち合いましょう

アルベルト:
わかった すぐに向かう

ガーディアン総司令:
君たちの戦果を期待する

アニタ:
では 失礼します

エミル:
ソサエティ本拠地の探索ですか・・・
きっと 世界規模の探索作戦が行われているんでしょうね

アルベルト:
それでも 発見できないとは
よほど 入念にかくされているのだろう

エミル:
今度の探索で なんとか手がかりを得たいですね

アルベルト:
そうだな・・・
 

BACK MENU NEXT