×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

BACK MENU NEXT


マチュピチュ
ホセ邸に発進
ブレンダ:
一度 ガーディアンの人たちに声をかけてからの方が
よかったんじゃない?


ブレンダ:
とりあえず
クスコ村にでももどってみましょう


クスコ村に発進
ブレンダ:
アニタたちはまだここにいるかしら

アルベルト:
だといいが・・・
とにかく 彼女たちをさがしてみよう


クスコ村
アルベルト:
おかしいな 彼らの気配がない・・・

ブレンダ:
まさか ソサエティの部隊にやられてしまったのかしら?


グラント(叫):
きさまらを ここから一歩も先には進ません!

アルベルト(叫):
まて!おれだ!

グラント:
お前か・・・
ホセの部隊がまいもどってきたのかと思ったぜ
・・・もっとも お前もホセの傭兵だったな

アルベルト:
いや・・・
どちらが本当のことを言っていたかわかったよ
それにもう おれは傭兵じゃない
ホセの兵器工場を 攻撃してクビになったんだ
だから アニタに会わせてくれないか

アニタ:
もう おそい・・・
・・・ホセが動きだした
おれたちは連中にボロボロにされちまった・・・
しかも 前線に出たアニタがホセに捕まっちまったんだ!

アルベルト(叫):
なんだって!

グラント(苦):
おれも ケガをしてこのありさまさ・・・
このおれが ついていながら ・・・ちくしょう!

アルベルト:
アニタを救出しないのか?

グラント(苦):
アニタはいつも言っていた・・・
自分が ホセにつかまるようなことがあっても絶対に助けにくるなと・・・
彼女一人のためにガーディアンを危険にさらすことを
アニタはゆるさないだろう
アニタはそういう女だ

アルベルト:
わかった それなら おれが行く!

グラント(叫):
ムチャだ・・・ 死ぬぞ!

アルベルト(苦):
いや・・・
知らなかったとはいえおれはホセに・・・いや
ソサエティに力を貸してしまったことになる
このまま引き下がるわけにはいかない
アニタはおれが助け出す

グラント:
そうか・・・
じゃあ おれもお前を信じることにするぜ
ところで・・・ お前 名前は?

アルベルト:
アルベルトだ

グラント:
頼んだぞ アルベルト
アニタを・・・必ず救い出してくれ!


マチュピチュ
アクセル(苦):
ホセのやつめ! いい人だと思ったのに
おいら すっかりだまされたよ!

ルヴェン:
しかも 女性を人質にとるとは許せんやつだ

ブレンダ:
とにかくホセ邸へ向かうわよ


クスコ村に発進
エミル:
グラントさんは まだここに いるでしょうか

グラント(喜):
たぶんな
やつのことだ アニタの命令にはさからうまい


クスコ村
グラント:
アニタを・・・必ず救い出してくれ!
 

BACK MENU NEXT